中文版  |  英文版  |  日文版

ページの著作権  辻産業重機(江蘇)有限公司  Copyright © 2018 All Rights Reserved.  Powered by:300.cn   苏ICP备13049894号 

ニュースセンター

>
>
>
豊立は発展を乗り越え、辻産業の後首製船を併設して進水する

貴方の現在の位置:

豊立は発展を乗り越え、辻産業の後首製船を併設して進水する

ページビュー数
本紙の報(記者張%)は昨日の午前、辻産業重機一号埠頭の彩旗が飛び上がって、どらや太鼓の音が天に鳴り出され、めでたいことがあった。豊立グループが辻産業を併売して建てた第一船、YASAシリーズ首制船の進水式が盛大に行われた。
 
YASAシリーズは、豊立グループが辻産業を成功させることに成功した後、会社の新しい管理層の下で始まった新しいプロジェクトです。YASAシリーズ3万トンの貨物船は、辻産業重機(江蘇)有限会社がトルコYASA会社に設立され、韓国のMASTEK社によって設計され、日本NK船級社検査船が2010年6月18日に建設され、2011年4月に竣工する予定です。
 
第1制船S 1007号船の成功水は、辻産業重機の豊立旗の下で、苦境に出て、再び活力を発揮することに成功しています。また、豊立グループは、原料貿易から製品製造までの完全な産業チェーンを形成し、貿易、投資、物流、製造業の4つの業務板の戦略的配置を基本に完成しました。
 
これによりますと、豊立グループは辻産業を買収した後、「日本の血統を維持し、日本の品質を維持し、継続し、既存のブランドを維持し、船舶の設備と船舶の建造を安定して発展させ、海洋プロジェクトの設備市場を積極的に展開する」という考え方に基づいて、日本の管理システムと管理者の基礎の上で、シンガポールの専門家チームを導入して、その年の買収を実現しました。年の利益。
 
豊立グループ有限会社の呉少清社長は、今後、豊立グループは、辻産業の国際市場での有名なブランドの優位を継承して発揚し、技術的には、2回の開発によって、自主的な知的財産権を維持し発展させ、ブランドの上で、適切な包装と持続的な普及を通じて、辻産業のブランドを中国の土地化した船舶と海洋工学装備として名を馳せるようにしています。商標。「同時に、私たちは辻産業を試点単位にして、実体経営の基礎として、資本市場に積極的に行って、2~3年の努力を通じて、辻産業が国内外の資本市場に上場することを目指しています!」
 
近年、我が市は、発展の方式を加速させ、経済社会の転換型の進級を推進して、新興産業に力を入れ、新エネルギー、新装備、新しい材料産業は盛んに発展している勢いを示しています。特に張家港は、天に恵まれた沿いの都市の優位性を得て、臨港装備と造船業の発展のために貴重な機会と有利な条件を提供しました。
 
豊立グループは辻産業重機の買収に成功した後、わずか8カ月で3万トン級の首制船を完成させ、豊かな未来を越えた新たな出発点となり、貿易、投資、物流、製造業の四大産業板の発展水準と国際競争力の向上に全力を尽くした。副市長の張偉さんは、わが市には多くの本土企業が豊立グループのように経営理念を革新し、産業モードを大胆に突破し、投入していない発展理念をしっかり確立し、積極的に新興産業の発展に参加し、企業の新たな増長点を絶えず育成することができる。
 
市(保税区)は、悠美健、早仲、許可波、王恵忠、張建平、張雷などの参加者を指導する。
 
悠美健、悠仲高、豊立グループ代表取締役の呉恵陛下、船東代表トルコのデヴィア会社のレヴィコデヴィアと共に進水操作システムをスタートさせた。

 页面版权所有  辻产业重机(江苏)有限公司  Copyright © 2018 All Rights Reserved.  网站建设:中企动力  苏州  苏ICP备13049894号