中文版  |  英文版  |  日文版

ページの著作権  辻産業重機(江蘇)有限公司  Copyright © 2018 All Rights Reserved.  Powered by:300.cn   苏ICP备13049894号 

ニュースセンター

貴方の現在の位置:

2012年船舶消防、疎開演習

ページビュー数
6月14日、私の会社は浦項埠頭で船舶消防、疎開演習を行いました。私の会社の招待に応じて、張家港海事局は演習現場の観覧に来て、演習を指導して、今回の演習に小舟が江面で保護するように派遣しました。
 
午前11時、現場の指揮、安全課長の羅時根によって、演習の過程と要領を、出演者に説明し、配置する。会社の常務副総、演習の総指揮は呉清清を指揮して、訓練に対して安全と方案に従って実行する2点の要求を提出します。その後、呉は本番の本番を宣言した。
 
今回の練習は2つの段階に分けられます:
 
第1段階:消防消火。
 
NB 0023船主甲板S面のゴミ箱に火が出て火がつく。義務消防隊員が命令を受けた後、速やかに船を開き、水帯や水銃を架け、両頭の挟撃で消火した。やがて、火勢は消防隊員に制御された。
 
 
第2段階:船を捨てて脱出する
 
指示を出して、参加者の一部は緊急に作業艇に撤退して、撤退する過程は整然としていません。
 
演習が終わって、張家港海事局は今回の演習の問題について指導し、改善要求を提出しました。
 
実戦から、船舶各種演習を行います。
 
普段は訓練を強化し、演習と実戦技術のレベルを向上させます。
 
患者は経験と教訓を吸収し、事故の発生を予防する。
 
 
今回の船舶消防、緊急疎開演習案は、実際の演習に合わせて、演習の各方面、各細部の考慮が周到である。今回の演習の成功を通じて、会社の「船舶試航緊急総予案」は、適切な効果と操作可能です。
 

 页面版权所有  辻产业重机(江苏)有限公司  Copyright © 2018 All Rights Reserved.  网站建设:中企动力  苏州  苏ICP备13049894号